トップへ » 医療法人社団 宝樹会について » 理事長挨拶 » 歯科医療はギャンブルではない

歯科医療はギャンブルではない

理事長挨拶歯科医療において大切なのは、経験だけに頼らず常に科学的な根拠に基づいた治療を行うことです。どんな治療においても、必ずエビデンスに裏打ちされているべきだと考えます。特に海外ではその意識が高く、流行りを追うのではなく、基本に忠実な治療の方がむしろスタンダードだったりすることもあります。

日本の歯科治療は、もちろん良いところもありますが、まだまだ発展途上な部分もあります。そんな中で私が心がけていることは、「世界水準の治療を提供したい」ということです。そのために、私だけでなく多くの歯科医師の皆さんにも、そうした治療を行っていただき、歯科医師全体の底上げも担いたいと考えています。


トップへ » 医療法人社団 宝樹会について » 理事長挨拶 » 歯科医療はギャンブルではない


pagetop